デザイナー、クリエイターと呼ばれる人物のうち、世界でもっとも有名な一人に数えられるフィリップ・スタルク。日本で言うなら、浅草にある「アサヒビール 吾妻橋ホール」が、彼の仕事として有名。そんなフィリップ・スタルクとアランミクリの二人の巨匠とのコラボレーションで1997年に発表された「スタルクアイズ」。

そのテーマに「ローデザイン」を掲げている。

無駄を削ぎ落とした簡潔な構造こそ掛ける人の個性・かっこよさを際立たせるとする考えでデザインされている。又、特徴は簡潔なデザイン以外に画期的テクノ ロジーが秘められている。 開発に3000時間を費やしたという、人間の肩の関節をヒントに、ネジを使わずにワイヤーで可動部を作り上げる構造で上下左右に稼動させ、かけ心地を追求した。又、デザイン・素材にこだわり衝撃や負荷にも耐えうる高性能性を実現している。

年齢、性別 、国籍といった垣根を乗り越え、モード=流行すら超越する眼鏡ブランド。


人間の間接をヒントにブロー部分が人間の鎖骨から肩の部分で、テンプルとの蝶番部分が腕の関節をイメージし、360°回転するようになっています。テンプルには特殊なワイヤーを使用し、他のブランドではありえない驚愕のデザインとなっています!!